SnapCrab_NoName_2017-4-18_13-26-32_No-00.png

「お国のために命を投げ出しても構わない日本人を生み出す。お国のために命をささげた人があって、今ここに祖国があるということを子ども達に教える。これに尽きる」と発言。(西村眞悟 2004年2月25日 議員連盟 「教育基本法改正促進委員会」設立総会 当時防衛政務次官)日本会議

安倍首相「だからこそまず教育基本法を改正しました。教育基本法には教育の目標をいくつか書き込みました。学校において日本でいうと貶められていたら日本の為に尽くそうとは子ども達は思わない。この新しい教育基本法の精神に則って、おととし小学校の教科書が採択されました。学校において国の為に命を懸けるやつなんか馬鹿だと平気で教える先生たちがいました。
例えば昨年のあの東日本大震災において南三陸の女性職員が一人でも多くの住民を避難させようと最後までマイクを握って津波にのまれた。彼女が教えてくれたことは損得を越えた価値がある。損得を越えた価値とは家族を守るためであり故郷を守るためであり、かけがえのない祖国を護る為であります。」日本会議

教科書に安倍首相の写真が15枚も! 政権お墨付き育鵬社の“歴史修正、改憲誘導”教科書が公立中学で採択続々

SnapCrab_NoName_2017-4-18_13-17-57_No-00SnapCrab_NoName_2017-4-18_13-18-6_No-00.png

広告